ホーム | お問い合わせ | サイトマップ


平成30年3月
(教主からのメッセージは毎月更新されます)


 

この道を誇りをもって歩む

 

 


三月は年度終わりの時期として、十二月の年末とはまた違った慌ただしさというか、多くの場面で物事の終わり、そして始まりを目にする節目の時です。
卒業、退職、あるいは転職、引っ越しなど、これまでの日常と別れ、新たな旅立ちの準備に励まれている方もいらっしゃることでしょう。
会としても、昨年四月に掲げた各会場の目標を達成できたかどうか、それぞれに見直し、最後の力を尽し切る時期でもあります。
先月、本誌上でお伝え致しましたように、目標を立てるということは、すなわち自身の人生に責任を取る生き方をする、ということです。
だからこそ、この時期、「目標が達成できた!」「できない」などと一喜一憂するのではなく、昨年からこの年度末に至る経緯、プロセスをどうか大事にしていただきたいのです。
ある意味、目標が達成できたかどうかということよりも、ここまでに至る過程で、どれだけ自分自身の全力を出し切れたかどうか、会場の方々と共に力を合わせることができたか、お互いに成長できたかどうかということのほうが大事です。
(続きはこちら)

北川慈敬   きたがわ・じけい
宗教法人かむながらのみち教主。1937年大阪府に生まれる。11歳で宗教法人解脱会に入会。21歳で布教活動に入る。以降、各地に布教所を設け、布教に専念する。1999年2月解脱会を離れ、同年5月かむながらのみちを創立。
ホームページの先頭へ